筋トレとピラティスの違いは?二の腕を鍛えて引き締まった美しい腕へ

筋トレとピラティスの違いとして、腕の後ろ側を鍛える方法をご紹介しますね。

この記事のポイント

腕の後ろというと、上腕三頭筋になりますが肘を

  • 曲げる
  • 伸ばす

ことで効かせていくことになります。

筋トレとピラティスではどうやるのか?

また、効果の違いについて解説していきますよ。

みなさんこんにちは。
大阪北浜のピラティススタジオ進化へようこそ!
運動指導歴30年、カラダの専門家、澤田理佳です。

どんな運動をすればいい?筋トレとピラティスで迷っているあなたへ

80-01_どんな運動をすればいいのか迷っていませんか?

筋トレとピラティスの違いについてお話したいと思います。

筋トレをした方が良いの?ピラティスをした方が良いの?

というのが皆さんの疑問だと思います。

正直なところ、どちらをやっても構わないんですね。

ただ、違いを知ってもらって上手く活かしていけたらと思います。

腕の後ろ側を使うには?上腕三頭筋を鍛えるエクササイズ

80-02_腕の後ろ側の上腕三頭筋を使います

さて、腕の後ろ側です!

筋トレの場合は?体重を使って腕の曲げ伸ばし

80-03_筋トレの場合は椅子に座って腕を曲げていく

腕の後ろ側を使うエクササイズは色々ありますが、自分の体重を使って腕の曲げ伸ばしですね。

椅子に座ったとして、肘を曲げて伸ばす

肘を伸ばす動きは足を使わない

80-04_足は使わずに肘を伸ばす動きを腕の後ろでやる

できるだけ足の力は使わずに、上げた肘を伸ばす動きを腕の後ろを使ってやってみてください。

上腕三頭筋

に効きます。

ピラティスの場合は?マシンを使うエクササイズ

80-05_ピラティスの場合はマシンを使って自分の体重が関係ない状態にする

ピラティスの場合はどうするかというと、マシンを使うことになります。

  1. 寝転がって自分の体重が関係ない状態にします
  2. バネが付いてるのでバネの重みを扱います
  3. 足を上げた状態で負荷を掛けました

腕を降ろすと背中に効いてきます

80-06_腕を降ろすと背中に効いてきます

そして、腕を降ろしていきます。これで背中に効いてきます

腕を降ろした状態で肘を曲げる

80-07_肘を曲げる伸ばす動きが腕の後ろ側を使う

そして肘を曲げる、伸ばす

この動きが筋トレでやった腕の後ろ側を使う

トライセプスエクステンション

と同じ感じになります。

ピラティスの場合、胴体を保ちながらやるのがポイント。

腕を扱っていますが、頭から骨盤までをニュートラルポジションといって、理想な背骨のカーブを作ってあげます。

そうすることで腕の後ろ側だけに効くんじゃなくて、胴体を使いながら両方を整えていく効果があるんです。

  • 腕の後ろ側のトレーニング
  • 理想的な背骨のカーブ

腕の後ろ側のまとめ

80-08_腕の後ろ側のまとめ

筋トレの場合、腕の後ろ側の上腕三頭筋をダイレクトに強くすることにフォーカスしますが、ピラティスの場合、美しく整えて使いやすい状態、よく働く筋肉にするところです。

わかりやすく言うと

  • 太くするのか
  • 引き締めるのか

が違いです。

変えたければ、どちらでも構わないんですよ。やらないと変わらない。

腕の後ろ側を使うには、肘を曲げて伸ばしすことでした。

機械はスタジオに行かないといけないですので、日々自分の体重を使ってトレーニングするっていうのは私はおススメしたいと思います。
ぜひ、冬の間にあなたの腕の後ろを美しくしてみてください。

動画時間:4分36秒

ピラティススタジオ進化の体験コース

ホームページ
大阪体験
渋谷体験

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。