筋トレとピラティスの違いは?広背筋を鍛えて美しく背中になる方法

今回はローイングという、背中のトレーニングを「筋トレ」と「ピラティス」ではどう変わってくるのか?についてご紹介しますね。

ローイングは背中の広背筋を鍛えるエクササイズです。

この記事のポイント

筋トレでは重量を扱うため、腰痛を起こしやすいのが難点。

ピラティスではリフォーマーを使うため、安全に鍛えることができますよ。

背中を鍛えると本当に綺麗になれますよ!
筋トレでもピラティスでも良いので、ぜひ試してみてくださいね。

みなさんこんにちは。
大阪北浜のピラティススタジオ進化へようこそ!
運動指導歴30年、カラダの専門家、澤田理佳です。

ローイングってなに?背中のトレーニング

79-02_ローイングは背中のトレーニングで広背筋に効かせます

筋トレとピラティスの違いをお話したいと思います。

ローイン

です。背中のトレーニングになります。

広背筋に効かせるローイングについてお話したいと思います。

おススメポイントとして、広背筋は大きな筋肉なので、

  • 男性だったらカッコいい大きい背中になれますよ。
  • 女性がやると綺麗な背中になれます。

重量を扱うことで変わっていくんですが、

  • 腰痛が起きやすい

難点もあります。

筋トレで広背筋を鍛えるには?ダンベルを使う

79-03_ダンベルを引き上げる

ピラティススタジオなのでダンベルとかおいてませんので、ダンベルだと思ってやり方を見て下さいね。

ベンチに手を置いて、空の水筒ですが10㎏とか20㎏のダンベルだと思ってください。
これを引いていくわけです。

肘が身体の後ろに来ると広背筋に効く

79-04_肘が身体の後ろに来ると広背筋に効く

肘が身体の後ろに来ることで、背中の広背筋に効いてくるわけです。

バーベルで鍛える方法

79-05_肘が身体の後ろに来ると広背筋に効く

もしくはバーベルだったとしたら、引く動きもあります。

ピラティスの場合は?

79-06_腕を身体の後ろに引いていく感じになります

さわだ
さわだ
この動きをピラティスでやる場合、どうなるか?

腕を身体の後ろに引いていく感じになります。

ポイントは?膝立ちでバランスを取ること

79-07_ピラティスでは腕を伸ばした状態で引きます

さっきは肘が曲がっていましたが、ピラティスでは伸ばしたまま腕を引きます

もちろん背中の筋肉は使っているんですけど、まっすぐ膝立ちになることによって転ばないように立つ努力をしています。

そのため腕の後ろ側の背中に効きつつ、前と後ろのバランスを取っているので

  • 腹筋
  • 背筋

にも効いてくる運動ですね。

ローイングのまとめ

79-01_筋トレとピラティスの違いは?背中のを鍛えて綺麗になる!

 

腕が身体の後ろに来ることが、日常では非常に少ないです。

腕を後ろ側にすることで、本当に綺麗になります。

背中は油断の塊で、そこにテコ入れするわけですので凄く綺麗になります

これが

  • バーベル持つのか?
  • そうでないのか?

の話になってきますよね。

代表的な筋トレをやるかやらないのかの違いになるわけですけど、やらないと変わらないのでやってみて下さい。

今ご紹介したのは道具が必要な感じで、ピンと来ないかもしれませんけど知識として入れておいてください。

79-08_背中は油断の塊で、そこにテコ入れするので凄く綺麗になります

背中はやればすっごい変わりますよ!

特に変化をだしたいのであれば、腹筋やるよりも広背筋です。

広背筋は是非とも刺激していただきたい筋肉です。

動画時間:4分34秒

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。