姿勢改善

姿勢を変えるエクササイズ①|背中を反らす動き【動画+画像】解説

更新日:

21-01_【姿勢を変える】エクササイズ①大阪北浜/ピラティススタジオ進化

この記事のポイント

丸くなった背中、姿勢を変えたくありませんか?
ピラティスらしくないやり方をすると、姿勢は変わります。

重要なのはデスクワークとは逆の動きなんですよ。
胸を開いて背中を反らすことで、背中は変わります。
ぜひチャレンジして下さいね。

シングルストレッチのやり方をプロが解説【画像+動画】

シングルレッグストレッチをご存知ですか?寝転がって足を動かすことで腹筋を鍛えます。あなたにとって本当に必要なエクササイズを考えてみましょう。

続きを見る

この動きが本当に必要か?シングルレッグストレッチ【画像+動画】

座りがちな生活の現代人に、背中をまるめるエクササイズが本当に必要か?考えた事がありますか?

続きを見る

皆さんこんにちは。
大阪北浜のピラティススタジオ進化へようこそ
進化の代表、澤田理佳です。

姿勢を変えるためピラティスらしくないやり方

体を反らすと姿勢が改善

21-02_普段背中を丸めているなら、徹底的に体を反らしましょう!あなたの姿勢は変わりますよ

姿勢を変えた時にピラティスをピラティスらしくやるのではなく
ピラティスらしくないやり方をすると、あなたの姿勢は変わります

普段背中を丸めている人たちが、一生懸命カールアップする動きをしても、どんどん悪くなるばかりです。
徹底的に体を反らしていきましょう
そうするとあなたの身体は変わりますよ。

ボールを使って背中を反らすエクササイズ

ボールを肩甲骨の間に入れる

21-03_ボールを使いますよ肩甲骨の間にボールを入れます

ボールを使ってやっていきます。
肩甲骨の間にボールを入れていきましょう。

お腹を伸ばす

21-04_頭の向こう側を見るようなつもりでお腹の筋肉を伸ばす

そして、頭の向こう側を見るようなつもりで、お腹の筋肉を伸ばしてください

頭からカールアップ

21-05_息を吐いて背中を丸めます頭からカールアップして、膝の間を覗きます

そして息を吐いて背中を丸めていきます。

吸いながら、お腹の皮を伸ばすように胸を反らせます。
息を吐きながら、頭からカールアップして、膝の間を覗きましょう。

この時に、頭から骨盤までが背骨だと思って動かしてください
反る動きです。
そして丸める動きです。

ただしこのときにパワーを使うのでなく、必要最小限の力でやっていきます。

頭を上げて、肋骨を下げる

21-06_息を吐き始めてから頭を上げその後に肋骨をすっと下げましょう

息を吐き始めてから頭を上げその後に肋骨をすっと下げてあげましょう。

そして、その時の肩甲骨の動きが大事です。

肘は前方にくることを意識

21-07_頭を上げ始めたら肘を前方へ肩甲骨を体の前へ出して、背中を丸くします

頭を上げ始めたら肘を前方に、肘を前方。
これは肩甲骨を体の前へ出す役割です。
これで背中を丸くします。

吸いながら下りていきます。
吐いて、上がります。

どちらかというと意識は、反る方に重きをおいてください
ちょうど胸を開いて、お腹の皮を伸ばしている状態。
これがデスクワークとは真逆です。

まとめ

胸を開いて背中を反らすことが必要

21-08_上がる動きではなく、胸を開いて背中を反らす方が必要な動きです反らしましょう!背中が変わりますよ

そうです、上がっていく動きではなくて反る方。
胸を開いて背中を反らす方が皆さんに必要な動きなんです。
ですからたくさんたくさん重力に助けてもらって反らしてみましょう。
背中が変わりますよ。

動画はこちら

シングルストレッチのやり方をプロが解説【画像+動画】

シングルレッグストレッチをご存知ですか?寝転がって足を動かすことで腹筋を鍛えます。あなたにとって本当に必要なエクササイズを考えてみましょう。

続きを見る

この動きが本当に必要か?シングルレッグストレッチ【画像+動画】

座りがちな生活の現代人に、背中をまるめるエクササイズが本当に必要か?考えた事がありますか?

続きを見る

ピラティススタジオ進化の案内

完全予約制
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
さわだりか

さわだりか

大阪北浜のピラティスのプロが教える姿勢改善。ピラティススタジオ進化の代表澤田理佳。身体と上手く付き合う方法を伝授します。日本人の身体にマッチした心地よいピラティスを行います。快適な身体をあなたにも…

-姿勢改善

Copyright© さわだりかのブログ , 2019 All Rights Reserved.