しなやかな背骨を作るには?座ってできるマーメイドを解説

しなやかな背骨を作るマーメイドというエクササイズをご紹介します。

この記事のポイント

マーメイドの特徴は

  • 背骨のしなやかさを作る
  • 体幹にしっかり効いてくる

また、肩甲骨が動くことで肩こりの改善呼吸が楽になる効果が期待できますよ。

マーメイドは座ってできるので、この動きを1日に1回やってみてはいかがですか?

みなさんこんにちは。
大阪北浜のピラティススタジオ進化へようこそ!
運動指導歴30年、カラダの専門家、澤田理佳です。

マーメイドってなに?背骨をしなやかにするエクササイズ

マーメイドってなに?背骨をしなやかにするエクササイズ

マーメイドのエクササイズを行っていきたいと思います。

マーメイドの特徴は

  • 背骨のしなやかさを作る
  • 体幹にしっかり効いてくる

意外と力強いエクササイズになります。

マーメイドのやり方は?リフォーマーのやり方を解説

マーメイドのやり方は?リフォーマーのやり方を解説

リフォーマーを使ってマーメイドのやり方を解説しますね。

できるだけフットバーの近くに座ります。手をお尻の真横から少し前方に出します。

座ってできるマーメイドの解説はこちら

フットバーを押し出す!くびれスイッチをオンにする

肩甲骨が身体の外に出てくびれの筋肉にスイッチが入る

押し出したときに腕の後ろ側が使われています。

手を伸ばして大きな虹を描くイメージ

大きな虹を描くようにしなります

フットバーを強く押すことで、肩甲骨が身体の外に出ていくのでくびれの筋肉にスイッチが入った状態
それを使ったまま大きな虹を描くようにしなっていきます。

押し切った状態だと、これ以上倒れられなくなります。

最後のポイント!肘を曲げる

下の肘を曲げて肩甲骨を身体の内側に寄せる

ここからもう一息、下の肘を曲げて肩甲骨を身体の内側に寄せるような使い方をする。

そうするともう一つ身体がしなります

  • フットバーをプッシュ(くびれスイッチON)
  • 息を吸う
  • 息を吐きながらしなる(虹を描く)
  • 更にしならせる(肘を下げる)
  • 息を吸う
  • 手を高く戻る

首から胸の骨がしなっていくときに、お尻は台につけたままです。

  • 手をあげていた側は伸ばさる刺激で、肋骨の隙間があく感覚
  • 反対側は縮む刺激が加わって、ウエストがギュっと引き締まる感覚

手が上がることで背中の筋肉が伸ばされるので肩こりにも効いてきますね。

肋骨が開くことで、実は呼吸がしやすくなります。呼吸がしやすいだけで、感覚的に楽になると思いますよ。

リフォーマーがない場合は?座ってできるマーメイド

座って身体を横にしならせることでも効果があります

このリフォーマーがなくても、身体を横にしならせることはできます。

椅子に手を置いて、同じような動作をして頂いても全く変わりはありません。

ちょっと語弊がありますが、狙っていく効果は同じです。負荷が少ないのでやり易いとも言えますね。

リフォーマーを使わないマーメイドの解説は、こちらをご覧ください。

マーメイドのまとめ

しなやかな背骨を作るには?座ってできるマーメイドを解説

日常でたくさん身体を動かすことを実践していくことが大事になりますので、ぜひマーメイドの動きを1日に1回は入れてみて下さい。

マーメイドを1日1回実践してください

動画時間:5分0秒

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。