ヒップアップに効果のある簡単エクササイズって?リフォーマーを紹介

リフォーマーを使って「スクーター」という、お尻の筋肉を鍛える方法をご紹介します。

さわだ
さわだ
ヒップアップ効果に期待できるうえ、姿勢が良くなりますよ。
この記事のポイント

バランスよく体のトレーニングができるため、綺麗な体になります。
難しい動きはありませんので、おススメするエクササイズになりますね。

動画では詳しい動きが見れますので、参考になると思いますよ。

みなさんこんにちは。
大阪北浜のピラティススタジオ進化へようこそ
運動指導歴30年、カラダの専門家、澤田理佳です。

ヒップアップをするエクササイズって?リフォーマーを使って体を綺麗にする方法

ヒップアップのエクササイズをご紹介したいと思います。

要は「使ってないから」なんですね。

座りぱなし、歩かない、とにかくをお尻の筋肉が伸びた状態で伸ばされっぱなしです。
そうするとお尻はだれーっとした、たるんだ状態になってしまう訳です。

ですからその筋肉を使ってあげましょう!

たるんだお尻を鍛えるために、お尻の筋肉を使いましょう

61-02_たるんだお尻を鍛えるために、お尻の筋肉を使いましょう

今からやっていくのは、そのお尻の筋肉をしっかり使うはエクササイズです。

フットバーを持ちながら立つ

61-03_フットバーを持ちながら立ちます

フットバーを持ちながら立ちます。

キャリッジを後ろに蹴る

61-04_キャリッジを後ろに蹴ります

そしてキャリッジを後ろに蹴ります。
蹴ることによって、太ももの後ろ側を使っている訳ですね。

ギュッと蹴ります。
そーっと戻します。

実はこの時の体は真四角。

ポイントは?股関節だけ動くこと

61-05_キャリッジを蹴るべき股関節だけ動いてくれるといい

テーブルみたいな形で真四角になって、そしてこの台を蹴るキャリッジを蹴るべき股関節だけが動いてくれると良い訳です。

これですね蹴ります。
そして体の四角を保ちながら戻す。

息を吐きながら後ろ、吸いながら前。

そしてこの時に、頭と骨盤は引っ張り合いをしていて胴体を長く保ちます。

フットバーを持ってるんですけれども、持っているというか押している感じですね。

効果を高めるには?フットバーがなくても体を保つこと

61-06_フットバーがなくても胴体を保つつもりでやると最高に効果がある

できれば自分の意識としては、このフットバーがなくても胴体を保つつもりで体を働かせていると最高に効果があります。

蹴るだけじゃなくて、胴体を保ちながらやるっていうのがまさにピラティスらしさです。

体幹を使いながら股関節を動かすと、歩くときに胴体がグラグラせずに綺麗に歩けることになりますよ。

もちろんこの逆側もやっていく訳です。

フットバーを押すことで自分が遠ざかるようにする

61-07_フットバーを押して自分がフットバーから遠ざかるように体を使う

フットバーを押して自分がこのフットバーから遠ざかるように体を使います。

そうすることによって腹斜筋、前鋸筋から腹斜筋が働き体幹が安定しますね。
胴体がピタッと止まった状態になります。

そしてこれを保ちながら、息を吐いて蹴る。
吸いながら戻る。

よくあるのが、これ蹴ってスコーンって抜いてしまうっていうのがよくありますね。
蹴る時も戻す時もコントロールされた状態で行うことがポイントになります。

先ほど申し上げた通り、このフットバーが無いくらいのつもりで胴体を保ってあげると更に効果が得られます。

使う筋肉は?お尻の筋肉が収縮することで太ももの後ろ側を使う

61-08_お尻の筋肉がギュッと収縮して太ももの後ろ側を使っています

お尻の筋肉がギュッと収縮して、太ももの後ろ側を使っています。

ですので座りっぱなしの姿勢と真逆の状態になるということです。

ヒップアップのまとめ

61-01_ヒップアップしたい人のための、ヒップアップエクササイズ

体の変え方というのは実はシンプルで、使っていないところを使っていくということです。

ただし、一方的に一部分をトレーニングしていくと、どうしてもその形にどんどんどんどんまた偏っていきます。
最終的には使ってないところは使いつつ、そして裏表、そして外側内側のバランスを整えて体を綺麗にしていきます。

61-09_体の変える方法はシンプルで使っていないところを使うことです

太ももの後ろ側のお尻を使うことによってヒップアップ。
ヒップアップするエクササイズは実は骨盤が立ちますので、結果的に姿勢が美しくなります。

やって損はないエクササイズです。
これはスクーターというエクササイズなんですけれども、ぜひご参考にしてみてください。

動画時間:5分7秒

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。