筋トレとピラティスの違いは?スクワットの間違った効果と姿勢に注意

スクワットについて筋トレとピラティスの違いをご紹介します。

この記事のポイント
  • 筋トレのスクワットで鍛えられる筋肉と注意したいポイント
  • ピラティスのスクワットをどんな人に勧めたいか

と言った、筋トレとピラティスの違いが分かると思いますよ。

どちらをやるべきなのか?悩んでいるのであれば、まずは好きな方をやることです。

やらないと体は変わらないので、自分に合ってるかどうかっていうのをぜひ試してみてくださいね。

みなさんこんにちは。
大阪北浜のピラティススタジオ進化へようこそ!
運動指導歴30年、カラダの専門家、澤田理佳です。

スクワットは筋トレとピラティスで違う?どちらをやるべきか紹介

77-02_スクワットは筋トレとピラティスでどう違うのか?

筋トレとピラティスの違いについてお話していきたいと思います。

本日のテーマはスクワットです。

スクワットは筋トレの中でも、三大エクササイズの中の一つといわれるぐらい代表的なエクササイズです。

  • 筋トレのスクワットをやるべきなのか?
  • ピラティスがいいのか?

みたいな話をしていきたいと思いますね。

筋トレのスクワット方法

77-03_股間節で折曲がり、足とお尻の筋肉、太ももの前も使います

スクワットは色々パターンあるんですけど、つま先を前に向けます。
股間節で折曲がり、そして自分の体重を足とお尻の筋肉、太ももの前を使っていきます。

これで突き上げて動いていきます。

筋肉を使うポイントは

  • お尻
  • 太ももの後ろ側
  • 太ももの前

この3つは大きな筋肉ですので、ここを使うことによって代謝が上がりますし、ヒップアップができます。

股関節の動きが苦手!太ももにだけ効いてしまう

77-04_日本人は股関節の動きが苦手で、太ももの前を使ってしまう

ただし問題は股関節を使うという使うエクササイズが、日本人がどうも苦手だっていうところなんです。

スクワットをこなして行ったときに、お尻太ももに効く前に、どちらかというと太ももの前に効いちゃう人が多いですね。

結局ヒップアップしたくって始めたのに、太ももの前がモリモリになってしまって欲しい結果じゃなかったっていうことが多々あります。

ピラティスの場合は?マシンに体重を預けてスクワットの動き

77-05_マシンに体重を預けてスクワットの動きをする

そしてピラティスの場合、マシンに寝転がります。

自分の体重を預けて、マシンにはバネがかかった状態で、さっきの動きになります。

かかとから頭まで突き上げる動きは同じ

77-06_かかとから頭まで突き上げる動きは同じです

かかとから頭まで突き上げるって言うのは同じで、そして戻ってくる。

上に伸びていくとスクワットと同じ動きができるわけですね。

これの良さは、足がフットバーに乗っかっているので

  • 太ももの前が比較的リラックスしやすい
  • お尻と太ももの後ろ側に効かせやすい

ところがポイントです。

メリットは?膝や腰が痛い人に対応可能

77-07_体重を預けるため膝が痛い、腰が痛い人に対応できる

これは例えば

  • が痛い
  • が痛い

という方も、自分の体重を機械に預けてやってますので、かなり幅広い方に対応できるマシンだということですね。

スクワットのまとめ

77-01_筋トレとピラティスの違いは?間違った効果と姿勢に注意

同じ運動であっても負荷のかかり方が違うことが分かって頂けたでしょうか?

筋力に自信がない運動経験が少ない方も、比較的安全な状態でできるのがピラティスです。

77-08_同じ動きの運動であっても負荷の掛かり方が違う

ピラティスが絶対怪我しないとか、完璧だというわけではないんです。

幅広い人に適用できる、対応できるのがピラティスの特徴

どちらにしても、やることから始めましょう。どっちでもいいです。

筋トレでもいいし、ピラティスでやっても良いです。

ただ、やらないと体は変わらないので、まずは自分に合ってるかどうかっていうのをぜひ試してみてください!そこから考えてみましょう。

動画時間:3分42秒

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。