筋トレとピラティスの違いは?腕立て伏せの効果と肩こりを解消可能!

さわだ
さわだ
デスクワークで肩こりで悩んでいませんか?

腕立て伏せを2,3回やると肩甲骨が動いて解消できますよ。

この記事のポイント

筋トレとピラティスの違いとして

 腕立て伏せ 

についてご紹介します。

全身を使うエクササイズになりますので、辛いですが早く効果を得るためにはおススメですよ。

みなさんこんにちは。
大阪北浜のピラティススタジオ進化へようこそ!
運動指導歴30年、カラダの専門家、澤田理佳です。

筋トレとピラティスの違い第2弾!腕立て伏せ

78-02_筋トレとピラティスの違い第2弾!腕立て伏せ

筋トレとピラティスの違い!第2弾をお伝えしたいと思います。

有名な筋トレの中で、スクワットをご紹介しましたが今度は

腕立て伏せプッシュアップ

を考えてみたいと思います。

腕立て伏せはおススメしたいトレーニング

78-03_腕立て伏せは出来るならおススメしたいトレーニング

腕立て伏せは出来るならばおすすめしたい!

胸のトレーニングのイメージがあるんですけど、しっかりやることで

  • 胸や腕
  • 腹筋や背筋やお尻

を使うため全身が使えるんですね。

逆に腕立て伏せが苦手な場合、

  • 体全身を使えていない
  • 体力や技術がついてない

ってことですね。

出来るならやって欲しいと思います。

腕立て伏せって?全身を保つエクササイズ

78-04_腕立て伏せは非常に効率の良いエクササイズ

手の位置を肩幅よりも大きく広げて、腕をアップします。

自分の体が崩れないようにしっかり保つということは、実は腹筋背筋を入れないといけないんです。

非常に効率の良いエクササイズでもあるんですね。

どちらかというと、胸に効いてくる感じ。

腕立て伏せをピラティスでやると?プランクをやります

78-05_体を支えて腹筋と背筋を使うエクササイズ

腕立て伏せをピラティスでやると、腕立て伏せをやるわけではないですが、それに近い形

プランク

をやることができます。

先ほどのプッシュアップのスタートンポジションに近いですね。

ここで体を支えることによって、腹筋と背筋の両方を使っている感じになります。

肩を動かして前後に動いていく

78-06_肩を動かして前後に動いていく

これを維持しながらロールストレッチと言って前後に動いていくんですけど、肩を動かしていきます。

肩が動いても、遠く離れても自分の姿勢を崩さないということで、

  • 腹筋
  • 背筋

が鍛えられるといういうことですね。

下まで降りる力がない人や、女性の場合ならプランクの形で止まってるだけでも十分なんです。

腕立て伏せのまとめ

78-01_筋トレとピラティスの違いは?全身使えるトレーニング

機械が動きましたけれども、腕立ての形で止まっていただくっていうのでも実は十分です。

時間はない!と皆さんおっしゃいます。

時間がなくて効果を得たい。

少し辛いのは耐える、我慢するよという人は、

腕立て伏せ

もしくは、ピラティスであれば

プランクの形

で運動していただいたらいいかと思います。

78-07_時間がない!効果を得たい!人は腕立てやプランクをおススメ

代謝がグッと上がりますので効果早く出ます。

デスクワークして座りっぱなしの人は、プッシュアップを2,3回もらうだけでも、肩甲骨が動きますので肩こりの解消になると思います。

ぜひお試しください!
動画時間:3分59秒

ピラティススタジオ進化の体験コース

ホームページ
大阪体験
渋谷体験

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。