筋トレとピラティスの違い

筋トレとピラティスの違いは?体をどう変化させたいのか考えましょう

筋トレとピラティスの違いは?体をどう変化させたいのか考えましょう

この記事のポイント

筋トレとピラティスの違いってご存知ですか?

この2つの違いについて分かりやすく解説いたします。

どちらをやるか悩んでいるのであれば、好きな方を始めて下さい

体は変わってきますよ。

みなさんこんにちは。
大阪北浜のピラティススタジオ進化へようこそ!
運動指導歴30年、カラダの専門家、澤田理佳です。

筋トレとピラティスの違は?体を鍛える目的が違う

76-02_筋トレとピラティスの違は?体を鍛える目的が違う

今回は筋トレピラティスの違いについて、お話していきたいと思います。

まずは簡単な概要から

違いは?

  • 筋トレ
  • ピラティス

の違いっていうところで、今は筋トレの方法もいろいろ増えてきました。

違いは?それぞれの目的

76-03_違いは?それぞれの目的

この2つの違いをざっくり大きく考えると、筋トレ

ココがポイント

アウターを大きくしていく、筋肉の肥大を目的

にしていきます。

ピラティスは筋肥大よりも、

ココに注意

筋肉と神経のつながりを良くすることを目指している

エクササイズです。

ざっくり違いを言うと

ポイント

  • 筋肉が強くなって動きが動きやすくなるのが筋トレ
  • 関節の動きがスムーズになって、動きやすくなるのがピラティス

って考えて頂いても良いかも知れません

一般の方に分かりやすく、簡単に説明しています。

ピラティスと筋トレはどっちが良いの?

76-04_正直どっちを始めても良いです

そうすると「ピラティス」と「筋トレ」どっちしたらいいの?っていうお話に繋がってくると思うんですけどね。

運動を今までやったことない人であれば

ココがおすすめ

正直どっちでもいいですよ

運動を始めることで、体が変わるのはどちらをやっても間違いなく変わると思います。

ただし、運動をやり始める人の

ポイント

  • 体力
  • 筋力
  • 経験値

を考えてきたときに、その人に合ってるか合ってないかというお話になると思います。

筋トレの場合は?今の筋力より少し上の負荷をかける

76-05_筋トレはその人の筋力の少し上の負荷をかけていく

筋トレの場合、負荷をかけていきますが、その人の持っている筋力の少し上のものを必ずかけるようにします。

特にヒップアップのエクササイズを目指したときに、結構高負荷をかける場合があるんですよね。

お尻とか太ももっていうのは、筋力があって高重量扱える大きな筋肉です。

本来ならば負荷を開けても大丈夫だはずなんです。でも本人の負荷を超えすぎた場合に

注意ポイント

  • 疲労
  • 疲れた

あとは酷い場合は、故障に繋がります。

そういう意味で、ピラティスは無難だなっていうだけの話なんですね。

ピラティスが絶対!というわけではなくって、その人によって合ってるか合ってないかということです。

ピラティスの場合は?負荷が軽く安全な状態でできる

76-06_ピラティスは体重を機械に預けることで負荷が軽い状態でできる

なので、簡単に言うとあんまり筋肉を大きくしたくないのであれば、筋トレするにしても高重量扱わずに、自分の体重でやることをお勧めします。

逆にピラティスの場合は、自分の体重を機械に預けることができるんですね。

そして負荷がちょっと軽い状態、安全な状態でできる点がピラティスのメリットです。

筋トレとピラティスの違いのまとめ

76-07_どちらを選んでもいいので、やってみることから始めましょう

お分かりいただけたでしょうか?

そしてエクササイズ別の筋トレとピラティスの違いについては、また次の機会にお話ししたいと思います。

まずはどちらを選んでもいいですけれども、やってみることから始めましょう。

動画時間:3分31秒



さわだりかが届ける「筋トレとピラティスの違い」のまとめを見る

ピラティススタジオ進化の案内

完全予約制
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
さわだりか

さわだりか

大阪北浜のピラティスのプロが教える姿勢改善。ピラティススタジオ進化の代表澤田理佳。身体と上手く付き合う方法を伝授します。日本人の身体にマッチした心地よいピラティスを行います。快適な身体をあなたにも…

-筋トレとピラティスの違い

Copyright© さわだりかのブログ , 2020 All Rights Reserved.