簡単!ウエストを細くする②マーメイド【動画+画像】解説

さわだ
さわだ
あなたは、ウエストを細くしたくないですか?

体を横に倒すだけで、誰でも簡単にできるマーメイドをご紹介しますね。
ウエストを細くするエクササイズの第2弾になります。

この記事のポイント

横にしなる動きで両サイドの血流が上がるため、ウエストを絞る刺激になるんですよ。

想像以上に効くのが、マーメイドのエクササイズです。
捻じりと一緒に側屈もやると、効果倍増なのでぜひお試し下さいね。

皆さんこんにちは。
大阪北浜のピラティススタジオ進化へようこそ
カラダの専門家、澤田理佳です。

ウエストを細くするエクササイズの第2弾

13-01_【簡単 ウエストを細くするエクササイズ その2 マーメイド】大阪北浜 ピラティススタジオ進化

さあウエストを細くするエクササイズの第2弾です。

これもとっても簡単なんですけど、どうすれば休憩になりがちなこのエクササイズ
じっくりと詳細を説明していきますので、もちろん見ながらやっていただければと思います。

体を横に倒すマーメイド

13-02_マーメイドという体を横に、背骨を横に倒すエクササイズで座りながらやります

マーメイドというエクササイズ体を側屈、横に倒すね、背骨を横に倒す
そういうエクササイズです。

座りながらやります。
椅子に座っても構わないですし、あぐらても構いません。

骨盤がまっすぐ立つのがポイント

13-03_背骨を捻る動きと同じで骨盤がまっすぐ立つのがポイントで椅子に浅く腰掛けるか、正座がいいと思います

ポイントは、これ前回お伝えしたら背骨を捻る動きと同じなんですけれども
骨盤がまっすぐ立っているっていうのがポイント
になりますので
どちらかというと椅子に浅く腰掛けていただくか、もしくは正座にしてもらったほうが
私たち日本人にはうまくいくかと思います。

今日はこの椅子に座った状態というのを、作っていきますね。
それでは、背骨のこれ動きなんで、まずはで細かいところを解説していきます。

マーメイドのやり方

首、胸の順に倒して戻す

13-04_首の骨から順番に倒れていって首から胸の骨をしならせて、胸椎をしならすそして戻す

首の骨から順番に倒れていって、その首から胸の骨ですね、この胸椎をしならす。
そして戻ってくる。

首から胸の骨を横にしならせる、そして戻って来る。こういう動きです。

これに手が付いて行くので、手にごまかされやすいというか、手の方でねちょっと、まあインチキになってしまいがちなので、意識としては、この背骨に意識を向けてください

それでは始めていきますよ。

背中を持ち上げるイメージ

13-05_肋骨と骨盤の距離を長くします頭でグーッと骨盤、お尻を釣り上げるような感覚前回と同じです

肋骨と骨盤の距離を長くします。
これは頭でグーッと骨盤、お尻を釣り上げるような感覚、前回説明しましたそれと同じです。

そして手を左右に引っ張りましょう。
これは真横で引っ張るというより、体の若干前気味に引っ張ります。

両手を外側に引っ張る

13-06_手を左右に引っ張りましょう真横ではなく、体の若干前気味に引っ張りますイメージは大きなボールを抱えてるみたいな状態

これは肩甲骨が体の外側に本来あるからという、このね、角度を保ちながらやります。
ですので、イメージは大きなボールを抱えてるみたいな状態になってます。

さあいいでしょうか?

手を挙げて体を倒す

13-07_息を吸いながら背を高く、吐きながら手を上げて下の手は遠くですできるだけ遠くに着いて、首、胸の骨もしなる

息を吸いながら背を高く、そして吐きながら手を上にあげていきましょう。
そして下の手は遠くです。
できるだけ遠くに着いて、首がしなる、胸の骨もしなる。
でこの時に肋骨と骨盤の距離をできるだけ長くです

そして、吸いながら背を高くして、いって吐きながら反対です。
首から動いていきますので、首の骨をしならせましょう。
そして吸いながら上に上がります。

ついついこう手で動きたくなっちゃうんですよね。
でもまあ、あくまで胸の骨手動です。

上がっていくとき、下の骨から順番に積み上げて、手はそれについていきます

息を吐きながら、頭は遠くを通って、手は遠くを通ります。
いいでしょうか?

そして戻る時に、先ほどよりももう一つ高く上がっていきます。
そしてまた息吐きながら、倒れていきますよ。

エクササイズのポイントと注意点

手は添える程度で体重をかけないこと

13-08_ポイントは、手に思いっきり乗っかってしまわないあくまで自分の体を自分で支えます手は遠くにつきますが、軽く添えている程度

この時にポイントなんですけれども、手にズーンと思いっきり乗っかってしまわないということなんですね。
あくまで自分の体を自分で支えます。

手は遠くにつきますが、軽く添えている程度で、そしてイメージは
横に倒れた時にですね、上側のこのあばら骨、肋骨の間を広げていくようなイメージです。
そして高く上がります。
そしてまた反対です。
遠くに倒れていきます。

サイドの血流が上がり、ウエストを絞る

13-09_この動きだけでも、サイドの血流が良くなります横にしならせているようで、下側は縮めてますのでウエストを絞るような刺激になってます

この動きだけでも、実はすごくサイドのこの血流が良くなります。
そして横にしならせているようで、下側っていうのは縮めてますので
ウエストを絞るような刺激になってます

思った以上に本人に効いてくるのがこれ、マーメイド側屈のエクササイズです。
捻じりと一緒に側屈もやっていただくと、より効果がでますのでぜひお試しいただきたいと思います。

動画時間:5分17秒

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。